あきる野市民球場

「あきる野市民球場」とは

あきる野市民球場:

あきる野市民球場(あきるのしみんきゅうじょう)は、東京都あきる野市にある野球場。あきる野市が運営管理を行っている。 かつての秋川市に秋川市民球場(あきがわしみんきゅうじょう)として開場。1995年、秋川市と五日市町が新設合併したのに伴い現名称に改称。現在もバックスクリーンを設けず、中堅場外の立ち木を代用としたバックスクリーンになっている。 社会人野球のクラブチーム・西多摩倶楽部が練習場として使用している他、2004年夏季からは高校野球公式戦の一部も行われている。 2013年国体「スポーツ祭東京2013」ではソフトボール会場となった 施設概要 グラウンド面積:16,500m² 両翼:94m、中堅:120m 内野:クレー舗装、外野:天然芝 スコアボード:磁気反転式 照明設備:6基 収容人員:2,500人(ネット裏=座席、一・三塁側、外野=芝生) 交通 秋川駅北口3番バスのりばから西東京バス「(五34)瀬戸岡経由 福生駅」行で「あきる野市民球場」下車後徒歩約2分 秋川駅から徒歩約30分 関連項目 日本の野球場一覧 ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 - オープニングのワンシーンで使われている(ロケ協力でクレジットされている)。

周辺の地図

東京都あきる野市原小宮

東京の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。