さいたま市営大宮球場

「さいたま市営大宮球場」とは

さいたま市営大宮球場:

さいたま市営大宮球場(さいたましえい・おおみやきゅうじょう)は、埼玉県さいたま市大宮区の大和田公園内にある野球場。施設はさいたま市が所有し、さいたま市公園緑地協会が指定管理者として運営管理を行っている。 当時の大宮市に大宮市営球場(おおみやしえいきゅうじょう)として1967年4月1日に完成。見沼干拓によってできた見沼田圃を埋め立てて建設された。この年に埼玉県で開催された第22回国民体育大会(清新国体)の高校野球(硬式)の会場として使用された。以来、大宮公園にある埼玉県営大宮公園野球場と共に高校野球などアマチュア公式戦が開催される他、プロ野球イースタン・リーグ(二軍)公式戦も開催されている。 1984年から1988年にかけて改修工事が行われ、照明設備の設置、内野スタンドの改築、スコアボードの電動化を行った。これと入れ替わる形で1989年の秋季大会から1992年の春季大会にかけて、県営大宮球場が大規模な改築工事を受けることとなり、市営球場は県営球場に代わって埼玉県の高校野球公式戦の主会場として使用された他、関東大会でも使用された(但し夏季の埼玉大会については、開会式と準決勝戦以降は西武ライオンズ球場で開催した)。

周辺の地図

埼玉県さいたま市大宮区寿能町2丁目519

さいたまの天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。