ひたちなか市民球場

「ひたちなか市民球場」とは

ひたちなか市民球場:

ひたちなか市民球場(ひたちなかしみんきゅうじょう)は、茨城県ひたちなか市のひたちなか市総合運動公園内にある野球場。 正式名称はひたちなか市総合運動公園市民球場(-・そうごううんどうこうえん・-)だが、一般にはひたちなか市民球場と呼ばれる。施設はひたちなか市が所有し、ひたちなか市文化・スポーツ振興公社が指定管理者として運営管理を行っている。 1990年8月、当時の勝田市に勝田市民球場(かつたしみんきゅうじょう)として竣工。1994年、勝田市と那珂湊市が新設合併し「ひたちなか市」となったのに伴い、現名称となる。開場以来、高校野球や社会人野球などアマチュア野球公式戦の他、プロ野球公式戦も年1〜2試合開催されている。また、夏の「ひたちなか祭り」の際、この野球場を中心とする総合運動公園で花火大会を実施したことがある。メインスタンドの2階席ネット裏を覆う、円形の屋根が印象的。 プロ野球 1990年9月15日のヤクルト対大洋(現・横浜DeNA)戦がこけら落としだった。

周辺の地図

茨城県ひたちなか市新光町

水戸の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。