ロッテ浦和球場

「ロッテ浦和球場」とは

ロッテ浦和球場:

ロッテ浦和球場(ロッテうらわきゅうじょう)は、埼玉県さいたま市南区にある野球場で、製菓メーカー・ロッテ浦和工場の敷地内にある。プロ野球・千葉ロッテマリーンズが二軍の本拠地として使用しており、同球団が運営管理を行っている。 ロッテはかつて、二軍が自前のグラウンドを持っておらず、1988年まで東京都青梅市の青梅スタジアム(当時の名称は「青梅球場」で、音響機器メーカーのティアックが所有していた)を間借りして二軍の練習やイースタン・リーグ公式戦を開催していた。しかし、前の一軍本拠地だった川崎球場やロッテ狭山工場内にあった合宿所からは遠く、著しく不便を被っていた。このため、ロッテは同社浦和工場の敷地を球団のファーム育成施設として整備することを決定。1989年に浦和球場、室内練習場および合宿所「千葉ロッテマリーンズ寮」を完成させた。 本球場では選手らが練習する姿が間近で見られる上、イースタン・リーグ公式戦も観戦無料。 本球場は三塁側がホームで、一塁側がビジターとなっている。 観覧設備は、内野一、三塁側の土盛りスタンドにベンチが置かれているだけの状態であったが、2011年11月-2012年2月に設備の改修が行われた。

周辺の地図

埼玉県さいたま市南区沼影3丁目

さいたまの天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。