上井草球場

「上井草球場」とは

上井草球場:

上井草球場(かみいぐさきゅうじょう)は、かつて東京都杉並区上井草にあった野球場。 1936年(昭和11年)の東京セネタース(但し、戦後のセネタースとは別組織)結成に合わせ、職業野球団所有球場として開設されたが、1959年(昭和34年)をもって廃止、撤去された。 当時の東京府東京市杉並区に西武鉄道(旧社)が建設し、1936年8月に完成。 当時は東京球場という名称であり、戸塚球場や大東京軍の本拠地・洲崎球場と共に東京でのプロ野球開催球場の一つとなった。西武鉄道の沿線にあるため都心からも比較的行きやすいという売り込みだったが、翌1937年9月に後楽園球場が都心の小石川区春日町(現在の文京区後楽、水道橋駅前)に開設されると開催試合数は次第に減っていった。綺麗だが、小じんまりした箱庭のような球場だったらしい。正面入口にはセネタースの正式名称「東京野球協会」の略称「T.B.B.A」のロゴが付けられていた。 1940年、西武鉄道は上井草に総合運動場を計画していた東京市にこの球場を寄付。戦後は1945年にいち早く復興。1946年から1952年まで神宮球場が米軍に接収された間、この球場でも東京六大学の試合が行われ、主に学生野球などアマチュアの試合が中心となっていった。

周辺の地図

地図情報はありませんでした。
左の「関連する野球場」が表示されていれば、そちらもご確認ください。

○○の天気

天気情報はありませんでした。

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。

関連する野球場

関連する野球場はありませんでした。

トップへ戻る