中百舌鳥球場

「中百舌鳥球場」とは

中百舌鳥球場:

中百舌鳥球場(なかもずきゅうじょう)は、かつて大阪府堺市(北区)の白鷺駅西側にあった野球場で、プロ野球・南海ホークス(現在の福岡ソフトバンクホークス)が二軍本拠地および練習場として使用していた。ただしメインスタンドの銘板は「中モズ球場」と仮名書きされていた。施設は南海電気鉄道が所有し、同球団の運営会社である南海野球が運営管理を行っていた。 南海鉄道の開通50周年記念事業の一環で、当時の泉北郡東百舌鳥村、南海高野線中百舌鳥駅近くに所有していた社有地(約180,000m²)に総合運動場が建設されることになった。中百舌鳥総合運動場内にはまず1935年にテニスコートが完成、野球場は1939年8月11日に完成した。その後も陸上競技場、相撲場、球技場、卓球場、体育館、クラブハウスなどが建設され、特に陸上競技場は当時、大阪府下で唯一の第一種公認競技場だった。 本球場は1938年に創設された職業野球団「南海軍」の本拠地となり、戦前は公式戦が行われていた。しかし大阪市中心部から遠く、交通の便や立地の悪さから選手や観客の評判は芳しくなかった。

周辺の地図

大阪府

大阪の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。