京都府立山城総合運動公園

「京都府立山城総合運動公園」とは

京都府立山城総合運動公園:

京都府立山城総合運動公園(きょうとふりつ やましろそうごううんどうこうえん)は、京都府宇治市に位置する都市公園(広域公園)である。指定管理者制度に基づき、公益財団法人京都府公園公社が管理・運営している。愛称は「太陽が丘」である。公園の総面積は約108ヘクタール(1,082,000平方メートル)。運動施設が充実しており、年間100万人の利用者が訪れ、様々な大会などが行われている。 1978年 - 京都府による公園基本計画が決定。 1980年5月 - 工事が起工。 1988年 - 「第43回国民体育大会」が京都府で開催されるため急ピッチで工事が進んだ。 1982年3月 - 陸上競技場、第2競技場、第1野球場、公園センターなどの施設が完成し、開園。 この間に、野球場、テニスコート、ファミリープール、競泳・飛び込みプール、体育館など運動施設が完成。 1991年 - 京都府立山城総合運動公園の隣接地で全国植樹祭が開催。 1992年 - 植樹祭の会場跡地が「府民ふれあいの森」として整備。京都府立山城総合運動公園に編入。 2011年11月から2012年6月まで陸上競技場が全面改修。

周辺の地図

京都府宇治市広野町八軒屋谷

京都の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。