伊東スタジアム

「伊東スタジアム」とは

伊東スタジアム:

伊東スタジアム(いとうスタジアム)は、かつて静岡県伊東市にあった野球場。開場当初は隣接するホテル伊東スタジアムが運営管理していた。後年はヤオハンジャパンが運営管理を行っていたが2004年(平成16年)をもって閉鎖、施設は撤去された。 1952年(昭和27年)3月、資本金2700万円で温泉ホテルの敷地内に開場。青少年の育成を旗印にしていたことからか、伊東市民が85パーセントの株を負担していた。初試合は同年の大映スターズと東急フライヤーズのオープン戦だったが、公式戦で使用されたのは開場した1952年の3試合と、翌1953年(昭和28年)の1試合の計4試合にとどまった(後述参照)。 首都圏から程近く、また気候も比較的温暖であり、宿泊施設も隣接していることなどから、学生野球、社会人野球、プロ野球の多くのチームがキャンプなどに使用していた。 後年は老朽化が著しく、また1980年代に入るとプロ野球のキャンプは、より温暖な四国地方や九州地方、沖縄県などで行われるようになった。

周辺の地図

長野県長野市篠ノ井東福寺

長野の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。