佐賀市立野球場

「佐賀市立野球場」とは

佐賀市立野球場:

佐賀市立野球場(さがしりつやきゅうじょう)は、佐賀県佐賀市にある野球場。愛称 佐賀ブルースタジアム。施設は佐賀市が所有し、佐賀市体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。 佐賀市中心部には1959年(昭和34年)に開場した佐賀球場があったが、老朽化が著しく、また施設そのものが狭隘であることなどから、市街地西部に新たな市営の野球場が建設された。1999年(平成11年)に改修された際、愛称「ブルースタジアム」が付与された。開場以来、主に高校野球などアマチュア野球公式戦を中心に使用されている。但し収容人員が2,400人と少ないため、県内のプロ野球公式戦は佐賀県立森林公園野球場(みどりの森県営球場)で開催されている。 施設概要 グラウンド面積:12,613m² 両翼:93m、中堅:120m 内野:クレー、外野:天然芝(ティフトン芝) 照明設備:なし スコアボード:磁気反転(得点盤。

周辺の地図

佐賀県佐賀市西与賀町大字高太郎

佐賀の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。