佐賀球場

「佐賀球場」とは

佐賀球場:

佐賀球場(さがきゅうじょう)は、かつて佐賀県佐賀市にあった野球場。老朽化のため、2004年限りで閉鎖された。 1959年竣工。開場以来、主に高校野球などアマチュア野球公式戦が行われた他、プロ野球では西鉄ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)主催のオープン戦やウエスタン・リーグ(二軍)公式戦などが開催された。 しかし老朽化が著しくなり、施設そのものが狭隘化。加えて佐賀市内及び近郊には1999年に佐賀県立森林公園野球場(みどりの森県営球場)が完成し、さらに同年には佐賀市立野球場(佐賀ブルースタジアム)の改修も完了。これにより佐賀球場はアマチュア公式戦で使用される機会がほとんどなくなった。ブルースタジアムが改修された段階で、市は「2つも市営球場を所有するのは困難」として閉鎖を示唆していたが、競技関係者の猛反発に遭ったため存続することになったものの、老朽化は深刻な状態に陥っていた。特にメインスタンドはコンクリートの剥落が随所に見られたのに加え、2003年秋に実施した強度検査の結果、建設時の設計強度180kgを大きく下回った箇所が多く、コンクリートの中性化が進行して鉄筋の酸化が進行している可能性があるなど、耐震強度上問題があると判断された。

周辺の地図

佐賀県佐賀市

佐賀の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。