八尾市立山本球場

「八尾市立山本球場」とは

八尾市立山本球場:

八尾市立山本球場(やおしりつやまもときゅうじょう)は、大阪府八尾市にある野球場。施設は八尾市が所有し、八尾体育振興会が指定管理者として運営管理を行っている。 1938年(昭和13年)、住友本社により「住友球場(すみともきゅうじょう)」として竣工。おもに住友財閥系企業従業員の親睦のために用いられた。 1950年(昭和25年)に近畿日本鉄道が買収し、近鉄パールス(のちの大阪近鉄バファローズ)の練習グラウンドとして使用された後、1956年(昭和31年)に八尾市に移管された。 1980年代には老朽化が著しかった上、以前は外野に防球ネットがなく、稀に場外へ飛び出した打球が外野場外にある公務員宿舎の窓ガラスに直撃することがあった。1991年(平成3年)にメインスタンドとスコアボードが改築され、現在の姿となった。 両翼90m、中堅100mと狭隘なフィールドで、軟式野球、ソフトボール、少年硬式野球が主な用途である。また地元では山球(やまきゅう)という略称でも呼ばれる。 施設概要 グラウンド面積:9,865m² 両翼:90m、中堅:100m 内野:クレー舗装(黒土・川砂混合土)、外野:天然芝(ティフトン) スコアボード:磁気反転式 収容人員:2,000人(外野スタンドなし) 交通 近鉄大阪線 河内山本駅または高安駅から、いずれも徒歩約10分 大阪府道15号八尾茨木線 関連項目 日本の野球場一覧 河内山本リダイレクトページ「住友球場」に関するカテゴリ Category:住友グループ 外部リンク 山本球場(八尾市) 八尾市立山本球場(八尾体育振興会)。

周辺の地図

大阪府八尾市山本町南7丁目

大阪の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。