出雲ドーム

「出雲ドーム」とは

出雲ドーム:

出雲ドーム(いずもドーム)は、日本の島根県出雲市の出雲健康公園内にある多目的ドーム施設。施設は出雲市が所有し、NPO法人出雲スポーツ振興21が指定管理者として運営管理を行っている。 概要・歴史 島根県を含む山陰地方の冬季は寒冷で雨や雪の日が多く、季節風も強いという気象条件に見舞われるが、1989年に出雲市長に就任した岩國哲人は「気候に左右される事なく、年間を通じて老若男女を問わず伸び伸びとスポーツ・レクリエーションを楽しめる施設」というコンセプトの下で、屋内型多目的体育施設の建設計画を立案した。また「建築的にも優れ、全国的にも注目される施設」として、当時市町村レベルでは例のなかった「ドーム型施設」を建設する事とし、更に出雲地方の伝統である木造りの技術を活かし、躯体を木造で建設する事とした。 こうして整備が進められ、出雲ドームは1992年4月29日、出雲市50周年を記念し、日本初の木造ドーム施設として開場した。躯体は直径140.7m、高さ48.9mで当時木造建築物としては世界最大級といわれた(なお、その後、1997年7月に出雲ドームよりも規模の大きい木造ドームである大館樹海ドームが秋田県大館市に完成している)。

周辺の地図

島根県出雲市矢野町

松江の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。