周南市野球場

「周南市野球場」とは

周南市野球場:

周南市野球場(しゅうなんし やきゅうじょう)は、山口県周南市の周南緑地内にある野球場。愛称は津田恒実メモリアルスタジアム。施設は周南市が所有し、周南市体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。 1971年6月、旧徳山市の周南緑地運動公園敷地内に「徳山市野球場」として完成した。2003年に新南陽市、熊毛町、鹿野町と合併し周南市となったことに伴い、現名称に改称した。 外野のスコアボードの彼方には石油化学コンビナートの煙突が林立しており、工業都市・周南を象徴する風景が垣間見える。高校野球、中国地区大学野球連盟、社会人野球などの公式戦が毎年行われており、特に毎年ゴールデンウィークには社会人のJABA徳山大会が行われるなど、県内アマチュア野球の中心球場として機能している。 かつて旧徳山市には徳山市営毛利球場(1948年完成)があった。旧毛利藩邸の跡地に建設されたもので、球場正面には毛利邸の門がそのまま残された印象的な造りだったが、老朽化に伴う閉鎖に伴い、新たに整備されたのが本野球場である。

周辺の地図

山口県周南市徳山

下関の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。