大谷球場

「大谷球場」とは

大谷球場:

北九州市立大谷球場(きたきゅうしゅうしりつおおたにきゅうじょう)は、福岡県北九州市八幡東区にある野球場。 当時の八幡市に官営製鐵所の福利厚生施設として1927年に竣工、翌1928年に開場した。1934年、日本製鐵発足に伴い日本製鐵大谷球場となり、1950年、日鐵解体による八幡製鐵発足に伴い八幡製鐵大谷球場に、更に1970年、新日本製鐵発足に伴い新日鐵大谷球場に改称した。 八幡製鐵所は硬式野球部を持っており、昭和初期~中期、八幡製鐵所と門司鉄道局(門鉄、のち門司鉄道管理局、現JR九州硬式野球部)による定期戦「製門戦」は“西の早慶戦”とも謳われ、多くの名試合を残した。これら社会人野球の他、高校野球、大学野球公式戦の一部も開催されるなど、アマチュア野球公式戦で広く使用された。また、北九州を準本拠地にしていた洋松ロビンス(現在の横浜DeNAベイスターズ)の公式戦も開催された。 しかし後年の鉄鋼不況のあおりを受けて新日鐵も合理化を迫られることとなり、新日鐵八幡野球部は2003年の第73回都市対抗野球大会の九州2次予選で敗退したのを最後に廃部された。

周辺の地図

福岡県北九州市八幡東区大谷1丁目2

福岡の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。