大阪球場

「大阪球場」とは

大阪球場:

大阪スタヂアム(おおさかスタヂアム)は、かつて大阪府大阪市浪速区難波中二丁目に存在した野球場。プロ野球の南海ホークス、近鉄パールス、大洋松竹ロビンスが本拠地として使用していた。 通称は「大阪球場」(おおさかきゅうじょう)。南海難波駅の南口に面した駅前に存在したため、「ナンバ(難波)球場」という通称でも親しまれた。 南海は戦前、堺市にあった中百舌鳥(なかもず)球場を主本拠にしていたが、グラウンドの立地条件が悪く不便だったので公式戦での使用機会が少なかった。特に戦後になってからは中百舌鳥での公式戦は1試合も開催されなかった。 1948年の戦後第3回の日本職業野球リーグで優勝した際、GHQ経済科学局長のウィリアム・フレデリック・マーカット少将(M資金の語源)が南海球団の松浦竹松社長に「ホームタウン・ホームグラウンドはどこか?」と問うと松浦は「大阪府が本拠であるが、自前のグラウンドがないので甲子園を使わせていただいている」と答え、マーカットは自前のグラウンドを建設してもいいと提案。

周辺の地図

大阪府大阪市浪速区難波中2丁目

大阪の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。