奥武山野球場

「奥武山野球場」とは

奥武山野球場:

奥武山野球場(おうのやまやきゅうじょう)は、沖縄県那覇市の沖縄県営奥武山公園 奥武山総合運動公園内にある野球場。2006年11月から改築事業が行われており、現在は使用できない。改築前は沖縄県が運営管理を行っていたが、現在那覇市に移管され2010年春の完成予定を目指して工事中である。
1960年11月30日、沖縄県内初の本格的な野球場として完成。以後、高校野球、社会人野球など県内のアマチュア野球公式戦が開催された。
本土復帰前の1961年5月20日と5月21日に沖縄で初となる日本プロ野球 プロ野球公式戦として西鉄ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)対東映フライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)戦が開催された。
翌年の1962年6月13日と6月14日にも阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)対大毎オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)戦が開催された。

周辺の地図

沖縄県那覇市奥武山町44−1

那覇の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。