安芸市営球場

「安芸市営球場」とは

安芸市営球場:

安芸市営球場(あきしえいきゅうじょう)は、高知県安芸市にある野球場。安芸市が管理している。 1965年度から阪神タイガースが春季と秋季のキャンプを開催する会場として利用されており、別名タイガースタウンと呼ばれている。なお2003年から、春季キャンプの一部が沖縄県宜野座村でも行われている(2012年より春季の1軍キャンプからは撤退。2軍とオープン戦は引き続いて使用)。ウエスタン・リーグの公式戦も年間数試合行われている。四国アイランドリーグplusの試合(高知ファイティングドッグス主催)は発足した2005年から行われているが、2009年と2010年は開催がなく、2011年8月20日に3年ぶりに試合が開催された。 2009年11月、愛称「安芸タイガース球場」を制定。 施設概要 メイングラウンド 両翼96m、センター118m(2002年国民体育大会の会場になるに当たって両翼を92mから拡大) 収容人員:約5,000人収容のスタンド(内野・座席、外野はレフトのみ芝生席。

周辺の地図

高知県安芸市桜ヶ丘町桜ケ丘町2248−1

高知の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。