小倉豊楽園球場

「小倉豊楽園球場」とは

小倉豊楽園球場:

小倉豊楽園球場(こくらほうらくえんきゅうじょう)は、かつて福岡県小倉市(現北九州市小倉北区)にあった野球場。 大東亜戦争以前は西日本鉄道(当時は九州電気軌道)が経営する運動場が到津にあり、主に野球場として使用されていた(小倉到津球場)が、戦時中に廃止されて以来、小倉市には野球場が1つもなかった。ただ三萩野にある競馬場の跡地が将来的に総合運動場を作るという計画の下に辛うじて野球などに使用されていた。 浅野町(現・北九州市小倉北区浅野)に総工費2500万円を投じて1948年1月に着工され、同年7月に完成したこの球場は、小倉市で初めてのプロ野球公式戦に対応できる硬式野球場として開設された。昭和初期、浅野総一郎により設立された小倉築港(後の小倉興産)の埋め立てにより造成された浅野地区は、工場などの立地がない状態が続いていたが、戦後は開発が進み、野球場もその一環として建設されたものと考えられている。

周辺の地図

地図情報はありませんでした。
左の「関連する野球場」が表示されていれば、そちらもご確認ください。

○○の天気

天気情報はありませんでした。

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。

関連する野球場

関連する野球場はありませんでした。

トップへ戻る