山形県野球場

「山形県野球場」とは

山形県野球場:

山形県野球場(やまがたけん やきゅうじょう)は、山形県東村山郡中山町の中山公園内にある野球場で、山形県都市公園条例における施設名称は「中山公園野球場」(なかやまこうえん やきゅうじょう)と制定されており、「山形県野球場」は通称名として使用されている。 山形県内を事業拠点とする荘内銀行と日新製薬の2社が共同で施設命名権(ネーミングライツ)を取得しており、2011年4月1日から呼称を「荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた」(しょうないぎんこう・にっしんせいやくスタジアムやまがた)としている(施設命名権に関する詳細は後述)。 概要・歴史 江戸時代には、村山地方と庄内地方とを結ぶ六十里越街道(現在は国道112号や山形自動車道が代替)が最上川舟運と交差する結節点だった中山町大字長崎では、最上川河川敷や自然堤防上に、往時のような人の集まる施設を数々設置しており、中山公園もその1つである。

周辺の地図

山形県東村山郡中山町長崎

山形の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。