岩手県営野球場

「岩手県営野球場」とは

岩手県営野球場:

岩手県営野球場(いわてけんえいやきゅうじょう)は、岩手県盛岡市にある野球場。施設は岩手県が所有し、岩手県スポーツ振興事業団が指定管理者として運営管理を行っている。 歴史・概要 岩手国体を前にした1970年4月30日完成。以来、全国高等学校野球選手権岩手大会の主会場としての使用をはじめ、硬式・軟式問わず多くのアマチュア野球公式戦が行われている。また、プロ野球公式戦が年間1~2試合程度開催されており、岩手県の代表的な野球場である。 プロ野球公式戦は、完成年にヤクルトスワローズ対大洋ホエールズ戦が開催されている。以降、ヤクルト、大洋・横浜の他、読売ジャイアンツ、広島東洋カープ、阪神タイガース、日本ハムファイターズ、オリックス・ブルーウェーブなどが主催公式戦を開催。2005年からは東北楽天ゴールデンイーグルスの公式戦が年1~2試合開催されている(2012年は予定されていた1試合が降雨ノーゲームとなった)。 2012年7月23日には岩手県内初となるオールスターゲーム(第3戦)が東日本大震災の被災地の小中高校生約2400人を招待して行われた。

周辺の地図

岩手県盛岡市三ツ割4丁目

盛岡の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。