帯広の森野球場

「帯広の森野球場」とは

帯広の森野球場:

帯広の森野球場(おびひろのもりやきゅうじょう)は、北海道帯広市にある野球場。 1990年(平成2年)、緑ヶ丘公園野球場に替わる施設として帯広の森運動公園内に開場。十勝地区の野球・ソフトボール大会に使用しているほか、日本プロ野球の公式戦も開催される。 本球場は安全面への配慮から観客席で飛び跳ねる行為を禁止している。かつて、稲葉篤紀への応援として行われていた通称「稲葉ジャンプ」は、帯広市教育委員会より指定禁止通達が出されていた。同様に、千葉ロッテマリーンズのジャンプ応援も禁止のため、代わりにスクワットで応援していた。 プロ野球公式戦 本球場初となるプロ野球公式戦は、1991年(平成3年)の日本ハムファイターズ(北海道日本ハムファイターズ)対オリックスブルーウェーブ(オリックス・バファローズ)戦。 ナイター設備がないためデーゲーム開催となる。 北海道日本ハムファイターズの主催試合 2004年(平成16年)に本拠地を北海道に移転。

周辺の地図

北海道帯広市南町南7線56

札幌の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。