戸塚球場

「戸塚球場」とは

戸塚球場:

戸塚球場(とつかきゅうじょう)は、1902年(明治35年)に早稲田大学が設けた野球場。日本野球の草創期、学生野球を中心に使用され、日本で初めて照明を設置し、ナイターが行われた。後に安部球場と改称。1987年末に閉鎖され、現存しない。跡地は現在、中央図書館、国際会議場などが入っている建物が建てられている。 明治時代後半、学生野球熱が高まる中、早稲田大学で1901年(明治34年)に野球部が結成され、翌1902年10月、戸塚球場を開設した。開設にあたっては初代野球部長安部磯雄が大学の創設者大隈重信を日本の国際化に野球の発展は必要と説得したといわれている。球場の予定地は穴八幡宮付近などが候補に挙がったが、野球が教育の一環であると考えた安部は大学に隣接していた戸塚町の農地に着目し、地主たちに借用の話をとりつけた(土地は後に早稲田大学の所有となる)。 今日の感覚にすれば一大学の野球部のホームグラウンドであり練習場にしか過ぎないが、当時は日本の野球草創期でプロ野球もなく、大学野球が人気を集めていた頃であり、かつ本格的な野球場が少ないこともあって、慶應義塾大学の三田綱町野球場とともに東京の代表的な野球場だった。

周辺の地図

地図情報はありませんでした。
左の「関連する野球場」が表示されていれば、そちらもご確認ください。

○○の天気

天気情報はありませんでした。

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。

関連する野球場

関連する野球場はありませんでした。

トップへ戻る