新大分球場

「新大分球場」とは

新大分球場:

大洲総合運動公園硬式野球場(おおすそうごううんどうこうえん こうしきやきゅうじょう)は、大分県大分市の大洲総合運動公園内にある野球場である。 命名権委譲による呼称は「別大興産スタジアム」(べつだいこうさんスタジアム)で、従来の愛称は「新大分球場」(しんおおいたきゅうじょう)。施設は大分県が所有し、大分県公園協会が運営管理を行っている。 概要・歴史 かつて旧大分空港(1971年に国東半島に移転)のエプロンだった場所に建設され、1980年3月に完成、6月から供用を開始した。翌1981年、プロ野球公式戦のナイター開催に対応可能な照明設備を追加整備した。 少年野球、高校野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦を中心に利用されている。 プロ野球は、広島東洋カープや南海ホークスなどが主催公式戦を数年に一度に開催していたが、1989年に行われた福岡ダイエーホークス対近鉄バファローズ戦を最後に公式戦の開催からは遠ざかり、毎年春のオープン戦で使用される程度であった。

周辺の地図

大分県大分市青葉町

大分の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。

関連する野球場

関連する野球場はありませんでした。

トップへ戻る