新潟県立野球場

「新潟県立野球場」とは

新潟県立野球場:

新潟県立鳥屋野潟公園野球場(にいがたけんりつ とやのがたこうえん やきゅうじょう)は、新潟県新潟市中央区長潟の鳥屋野潟公園のうち、新潟県スポーツ公園の園地内に所在する野球場である。公園名を省いて新潟県立野球場とも呼ばれる。 施設は新潟県が所有し、アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ(アルビレックス新潟と県の外郭団体「新潟県都市緑花センター」による企業体)が指定管理者として運営管理を行っている。 施設命名権により、呼称をHARD OFF ECOスタジアム新潟(ハードオフ エコスタジアムにいがた)としている(詳細は後述)。 設計の特徴 近年日本で新設・改修されるNPBの本拠地球場はアメリカの新古典派の球場に倣い、より臨場感を高める傾向がある。しかし、当球場は従来の国内の野球場と非常に似通った設計となっている。県は2006年9月26日から10月16日までの間、建設計画の再検討にあたってパブリックコメントを募集したが、提出者は僅か16人であった。

周辺の地図

地図情報はありませんでした。
左の「関連する野球場」が表示されていれば、そちらもご確認ください。

○○の天気

天気情報はありませんでした。

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。

関連する野球場

関連する野球場はありませんでした。

トップへ戻る