東舞鶴公園野球場

「東舞鶴公園野球場」とは

東舞鶴公園野球場:

東舞鶴公園野球場(ひがしまいづるこうえんやきゅうじょう)は京都府舞鶴市の東舞鶴公園内にある野球場である。 1976年(昭和51年)に舞鶴市が建設すると、京都府北部で唯一の本格的、大型野球場として高校野球のみならず、プロ野球の二軍戦などが行われている。また土日休日等には市民野球や少年野球の大会なども開かれる。通称は舞鶴球場。現在は特定非営利活動法人ガバナンス舞鶴が指定管理を受けている。 沿革 1976年(昭和51年) - 完成 2006年(平成18年)4月1日 - 舞鶴市コミュニティ振興公社が指定管理を受ける 2009年(平成21年)4月1日 - 特定非営利活動法人ガバナンス舞鶴が指定管理を受ける 2010年(平成22年) - 電光掲示板化工事完成 施設概要 両翼: 92 m 中堅: 120 m 収容人数: 約10,000人 内野: 土、外野: 天然芝 ナイター設備なし京都府北部では最大の設備であり、収容人数も最大である。

周辺の地図

京都府舞鶴市行永

京都の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。