武蔵野グリーンパーク野球場

「武蔵野グリーンパーク野球場」とは

武蔵野グリーンパーク野球場:

武蔵野グリーンパーク野球場(むさしのグリーンパークやきゅうじょう)は、東京都武蔵野市西窪(現在の住所表記は緑町二丁目)にあった野球場。実働1シーズン、完成から解体までわずか5年と、日本で最も短命に終わった球場として知られる。 1951年、首都圏では慢性的な球場不足で、プロ野球公式戦のほとんどは後楽園球場で開催されていた。これには明治神宮野球場が1952年まで進駐軍に接収されており、シーズンオフの学生野球以外は日本人が自由に使用することができなかったという事情も背景にある。 グリーンパーク野球場は、こうした球場不足を解消し、プロ野球の運営をよりスムーズにすることを目的として、進駐軍より返還された国鉄(現JR東日本)中央本線三鷹駅北側の中島飛行機武蔵製作所跡地に建設された。グリーンパークという名称は、終戦直後よりこの一帯を接収していたアメリカ軍が用いていた地名に由来する。当時の公認野球規則に準拠した広いグラウンドと5万人を超える収容能力のスタンドを持つ本格的なスタジアムで、最大で1日3試合開催することを想定して更衣室が広く取られた他、売店、喫茶店、ビアホールなども併設され、将来的には宿舎と練習場も建設される予定だったという。

周辺の地図

東京都武蔵野市西久保2丁目30−6

東京の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。