熱田神宮公園野球場

「熱田神宮公園野球場」とは

熱田神宮公園野球場:

スタジアム名称 熱田神宮公園野球場
愛称  Atsuta Baseball Stadium
所在地 名古屋市熱田区旗屋町1-10-45
開場 1950年
所有者 愛知県
管理・運用者 愛知県都市整備協会(指定管理者)
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 なし
設計者
使用チーム、大会
収容能力 13,000人
規模 グラウンド面積:-m²両翼:91.44m中堅:115.82m
フェンスの高さ
熱田神宮公園野球場(あつたじんぐうこうえんやきゅうじょう)は、愛知県名古屋市熱田区の熱田神宮公園内にある野球場である。
熱田神宮宮域整備事業の一環として1950年に建設された野球場で、一般には単に熱田球場と呼ばれる。愛知県の高校野球の聖地として全国高等学校野球選手権愛知大会の決勝が開かれるなど、長い間親しまれてきたが、2005年からは決勝と準決勝(2006年は決勝のみ)はナゴヤドームで開かれるようになった。2008年は高校野球選手権西愛知大会の準決勝と決勝でも使用された。

周辺の地図

愛知県名古屋市熱田区旗屋1丁目10

名古屋の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。