県立彦根球場

「県立彦根球場」とは

県立彦根球場:

『滋賀県立彦根総合運動場』より : 滋賀県立彦根総合運動場(しがけんりつひこねそうごううんどうじょう)は、滋賀県彦根市にある運動公園である。施設は滋賀県が所有し、公益財団法人滋賀県体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。 理念 滋賀県民の「心身の健全な発達」と「スポーツの普及と振興」を図ること。 1939年(昭和14年) - 滋賀県立彦根総合運動場(陸上競技場と野球場)を開設 1974年(昭和49年) - スイミングセンターを新設 1977年(昭和52年) - 飛込みプールを増設・陸上競技場を舗装改修・スポーツ会館を新設 1978年(昭和53年) - 庭球場(テニスコート)を新設 1979年(昭和54年) - 全国高等学校総合体育大会を開催 1981年(昭和56年) - 第36回国民体育大会(びわこ国体)を開催 1993年(平成05年) - 滋賀県立彦根球場を10,000人収容の球場に改築 2014年5月 - 2024年開催の国民体育大会の主会場として選定された 施設 滋賀県立彦根球場 収容人数:10,000人(内野席:6,000人、外野芝生席:4,000人) 内野:土、外野:天然芝 両翼:99m、中堅:122m 照明塔:6基 スコアボード:磁気反転式皇子山球場(大津市)と共に全国高等学校野球選手権滋賀大会の会場である。

周辺の地図

滋賀県彦根市松原町

大津の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。