石垣市営球場

「石垣市営球場」とは

石垣市営球場:

石垣市営球場(いしがきしえい きゅうじょう)は、沖縄県石垣市の石垣市中央運動公園内にある野球場。施設は石垣市が所有し、石垣市公共施設管理公社が運営管理を行っている。 歴史・概要 中央運動公園内に昭和54年(1979年)3月竣工。八重山諸島初の本格的な野球場であった。開場以来、高校野球など地元チームの練習などに使用されている他、大学野球や社会人野球のチームがキャンプ、合宿などで使用している。 またプロ野球においては、中日ドラゴンズが昭和58年(1983年)に初めて石垣島で春季キャンプを実施した。同年春は悪天候に見舞われたものの、キャンプ実施に合わせ本土から黒土を取り寄せるなどしてフィールドを改修した甲斐もあり、コンディションを確保。水溜りの出来にくいフィールドは、当時監督だった近藤貞雄から「日本一水捌けがいい」と太鼓判を頂戴したほどだった。しかし交通の便の悪さなどもあって、中日の春季キャンプは同年限り、僅か1シーズンで撤退となった。 それから25年後の平成20年(2008年)、千葉ロッテマリーンズが新たに春季キャンプ地とした。

周辺の地図

沖縄県石垣市登野城1408

那覇の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。