石川県立野球場

「石川県立野球場」とは

石川県立野球場:

石川県立野球場(いしかわけんりつやきゅうじょう)は、石川県金沢市の西部緑地公園にある野球場。施設は石川県が所有し、県の外郭団体である石川県県民ふれあい公社が指定管理者として運営管理を行っている。 1972年、金沢市北西郊外で整備が進められていた西部緑地公園内に石川県産業展示館が建設され、翌1973年にはこの展示館を中心に「日本海博覧会」が開催された。県立野球場は博覧会終了後の1974年に完成。なお、前年まで市内中心部にあった石川県営兼六園野球場は閉鎖、撤去された。西部緑地公園には以後、陸上競技場、テニスコートなどが整備され、現在は石川県のスポーツの拠点として機能している。 1981年6月にナイター設備が追加設置された。6基の照明塔は兼六園の徽軫灯籠(ことじどうろう)を模してデザインされており、鉄塔は「X」の字になっているのが特徴。1993年にはスコアボードが磁気反転式に入れ替えられた。 開場以来、石川県内の高校野球公式戦の主会場として使用されている他、2007年からはBCリーグの石川ミリオンスターズ公式戦の主会場として使用されている。

周辺の地図

石川県金沢市北塚町東

金沢の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。