神奈川県立相模原球場

「神奈川県立相模原球場」とは

神奈川県立相模原球場:

『相模原球場』より : 相模原市立相模原球場(さがみはらしりつ さがみはらきゅうじょう)は、神奈川県相模原市中央区の淵野辺公園内にある相模原市立の野球場。施設は相模原市が所有し、指定管理者制度に基づき、まち・みどり公社・東海体育指導グループが管理・運営を行っている。 施設命名権(ネーミングライツ)により、2011年4月1日から愛称をサーティーフォー相模原球場としている(詳細は後述)。 1986年9月30日に神奈川県立相模原球場として開場。以来、高校野球・大学野球などアマチュア野球公式戦が開催されている。 プロ野球の最初の試合は翌1987年3月に開催されたオープン戦・横浜大洋ホエールズ対南海ホークス戦。この試合で地元相模原出身の大洋・高木由一が球場“プロ第1号”本塁打を放った。以後は主に二軍の試合が開催されている。 以前、日本ハムファイターズの二軍は、老朽化し観覧設備のない日本ハム球団多摩川グランドでイースタン・リーグ公式戦を開催していたが、合宿所からは近いものの試合運営や観客サービスの低下など問題が生じたため、1992年から主催公式戦を相模原球場で行うようになり、1996年まで本拠地として使用。

周辺の地図

神奈川県相模原市中央区弥栄3丁目1

横浜の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。