神戸市民運動場野球場

「神戸市民運動場野球場」とは

神戸市民運動場野球場:

神戸市民運動場野球場(こうべしみんうんどうじょう・やきゅうじょう)は、かつて兵庫県神戸市長田区にあった野球場。神戸市が運営管理していた。 1928年に昭和天皇の即位を記念した御大典記念行事の一環として建設された。両翼96m、センター114m。開設当初は陸上競技場や水泳場、テニスコートなどを併設した総合運動公園だった。戦前からプロ野球(職業野球)の公式戦を頻繁に開催し、戦後は1954年に新日本リーグ(セントラルリーグのファームチームによる公式戦)の阪神ジャガーズ(大阪タイガース二軍)のフランチャイズとして使用された。 しかしその後、阪神甲子園球場や阪急西宮球場にナイター設備が完成したこと、神戸市でも神戸総合運動公園野球場(グリーンスタジアム神戸)が完成したことなど、プロ野球公式試合の開催球場の近代化が進められたため、この球場ではアマチュア野球を中心に使用するようになった。

周辺の地図

地図情報はありませんでした。
左の「関連する野球場」が表示されていれば、そちらもご確認ください。

○○の天気

天気情報はありませんでした。

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。

関連する野球場

関連する野球場はありませんでした。

トップへ戻る