米子市民球場

「米子市民球場」とは

米子市民球場:

米子市民球場(よなごしみんきゅうじょう)は、鳥取県米子市の米子市東山運動公園(どらやきドラマチックパーク米子)内に所在する野球場。施設は米子市が所有し、平井工業が指定管理者として運営管理を行っている。 施設命名権売却により、呼称をどらドラパーク米子市民球場としている(詳細は後述)。 米子市内には米子市営湊山球場があるが、施設の老朽化が著しくなり、近代的な野球場を建設する声が高まったことから建設が決定され、1990年(平成2年)6月に市東郊の東山公園内に完成。鳥取県西部初の、本格的な夜間照明設備を有する野球場である。 完成以降、山陰両県でプロ野球の一軍公式戦が開催されるのはこの米子市民球場が唯一である。1999年(平成11年)以降、広島東洋カープ主催の公式戦が概ね2、3年おきに一カード2試合開催されている(対戦相手は阪神タイガースがほとんどだが、2006年のみ中日ドラゴンズ)。この他、1992年(平成4年)からはオリックス・ブルーウェーブが不定期に主催試合を行っていた。ウエスタン・リーグ、イースタン・リーグの試合も行われた。

周辺の地図

鳥取県米子市車尾663

鳥取の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。