舞洲ベースボールスタジアム

「舞洲ベースボールスタジアム」とは

舞洲ベースボールスタジアム:

舞洲ベースボールスタジアム(まいしま-)は、大阪府大阪市此花区の舞洲スポーツアイランド内にある野球場。施設は大阪市が所有し、ミズノグループ(美津濃、南海ビルサービス、日本パナユーズ、ホビーライフによる共同企業体)が指定管理者として運営管理を行っている。 1996年完成。プロ・アマのトーナメントや少年野球の試合などに使われる。 2008年のオリンピック招致が実現した暁には、野球競技の会場として用いられる予定であった。 グラウンドは天然芝で整備されており、ナイター設備や電光掲示板、アナウンス設備、ベンチ裏にはシャワーや長い鏡、ブルペンなどがある。プレイグラウンドは中堅122m、両翼100mの広さを誇り、公認野球規則で定められた現代のプロ用野球場の基準をクリアし、かつ努力義務もおおむね達成する規模を備えた、極めて近代的な球場である。 海に近いため、常に海風が吹く立地にあるほか、スタンドには一切屋根がないなど、観覧者にとっては必ずしも良好な環境ではない。

周辺の地図

大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目3−142

大阪の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。