藤井寺球場

「藤井寺球場」とは

藤井寺球場:

藤井寺球場(ふじいでらきゅうじょう)は、かつて大阪府藤井寺市にあった野球場で、正式名称は「近鉄藤井寺球場」。近畿日本鉄道(近鉄)の関連会社である近鉄興業が保有および管理していたが、2005年1月末をもって閉鎖され、2006年8月に解体された。 1925年、大阪鉄道(略称:大鉄、現:近畿日本鉄道)は造園学者の大屋霊城に依頼し、郊外の沿線である藤井寺に住宅地や自然体験学習のための花卉園や果樹園を備えた「藤井寺教材園」、相撲場などのスポーツ施設を備えた「藤井寺経営地」の計画を立案。1923年に阪神電気鉄道が建設した阪神甲子園球場が全国中等学校野球大会の舞台として人気を博していたことから、この経営地に野球場を建設することとした。合資会社錢高組が施工し、1927年11月11日着工、1928年5月25日に完成した。当時の敷地面積は甲子園球場をしのぐ59,000m²。総工費は70万円。大鉄傘が備えられた内野席と、芝生の外野席を合わせた収容人員は7万人とされた。 5月27日、海軍記念日に併せて開場式が行われ、飾磨(兵庫)対教業(京都)という尋常学校の試合を皮切りに、計4試合が記念試合として行われた 。

周辺の地図

大阪府藤井寺市春日丘3丁目

大阪の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。