谷津遊園

「谷津遊園」とは

谷津遊園:

谷津遊園(やつゆうえん)とは、京成電鉄が千葉県習志野市谷津で直営運営を行っていた遊園地。1982年(昭和57年)12月21日に閉園。現在は施設内のバラ園が、習志野市運営の谷津バラ園として残っている。 沿革 大正時代は塩田地として使われていた海岸地帯が、台風の被害により国の塩業試験場などに転用された。この一帯を埋め立てて娯楽施設に再転用し、1925年(大正14年)に京成遊園地として開設した。その後に谷津遊園と改称されているが、戦時中は遊の字を取って一時的に谷津園と改称されている。また、1931年(昭和6年)から1936年(昭和11年)にかけては阪東妻三郎によって阪東関東撮影所が開設されていた。 また、昭和40年代に南側前面の東京湾が埋め立てられる前までは、船橋ヘルスセンターと共に潮干狩り・海水浴のできる遊園地として人気があった。プールもあったことから、夏季には多くの海水浴客を集めた。当時の海の一部が、谷津干潟として残されている。 しかし、母体の京成電鉄自身の経営が悪化したことと東京ディズニーランドへの経営参画計画により、黒字経営であったものの1982年(昭和57年)12月21日をもって閉園した。

周辺の地図

千葉県習志野市谷津2丁目2−3

千葉の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。