郡山市営開成山野球場

「郡山市営開成山野球場」とは

郡山市営開成山野球場:

郡山総合運動場開成山野球場(こおりやまそうごううんどうじょう かいせいざんやきゅうじょう)は、福島県郡山市の開成山公園にある野球場。郡山市が運営管理を行っている。 郡山市中心部、市役所に隣接する開成山公園内に1952年(昭和27年)開場。陸上競技場、プール、弓道場と共に「開成山総合運動場」を構成している。開場以来、高校野球など県内アマチュア野球公式戦の試合会場として使われている。 フィールドは両翼100mと当時としては広く、日本の野球場が国際規格を踏襲した設計となる以前においては、熊本県熊本市の藤崎台県営野球場(両翼99.1m、中堅121.9m)と並んで日本最長の規模を誇っていた。1969年(昭和44年)に内野スタンドが増築され、こけら落としとして同年7月13日にプロ野球イースタン・リーグ公式戦の読売ジャイアンツ対ロッテオリオンズ戦が開催された。 翌1970年(昭和45年)11月14日には初の一軍戦となる秋季オープン戦、読売ジャイアンツ対大洋ホエールズ戦が開催された。

周辺の地図

福島県郡山市開成1丁目5

福島の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。