長岡市悠久山野球場

「長岡市悠久山野球場」とは

長岡市悠久山野球場:

長岡市悠久山野球場(ながおかし ゆうきゅうざんやきゅうじょう)は、新潟県長岡市にある野球場。施設は長岡市が所有し、MCMフェニックスグループ(中越環境開発(株)、(株)丸富、ミズノスポーツサービス(株)、から成る共同事業体)が指定管理者として運営管理を行っている。 前身 1949年7月、長岡市東部の古志郡栖吉村(現長岡市)から長岡駅、南蒲原郡見附町(現見附市)を経由して古志郡栃尾町(のちの栃尾市、現長岡市)を結ぶ軽便鉄道を運行していた栃尾鉄道(のちの越後交通栃尾線)が電化完成後の沿線開発と誘客を目指し、南側の終点にあたる悠久山駅前に開業させたのが、悠久山球場の始まりである。8月に社会人野球のオープン戦を開催してこけら落としし、翌1950年から1955年の間にはプロ野球公式戦も開催。セ・リーグ8試合、パ・リーグ2試合が開催された(1956年にも日程が組まれたが、中止となっている)。しかし地方都市で、更には雪国という地理条件もあって球場の経営状況は好転せず、栃尾鉄道が長岡鉄道、中越自動車と合併して越後交通となった1960年を相前後して球場は廃業。

周辺の地図

新潟県長岡市悠久町

新潟の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。