長崎県営野球場

「長崎県営野球場」とは

長崎県営野球場:

長崎県営野球場(ながさきけんえいやきゅうじょう)は、長崎県長崎市にある野球場で、平和公園の敷地内に位置している。愛称は「長崎ビッグNスタジアム」で、施設は長崎県が所有し、長崎県体育協会グループが指定管理者として運営管理を行っている。 以前長崎市内には長崎市営大橋球場(1951年4月3日完成)があり、高校野球や社会人野球などのアマチュア公式戦をはじめ、プロ野球公式戦も開催されていた。しかし施設の老朽化に加え、グラウンドが両翼90m・中堅115mと狭く、ナイターを開催するための照明設備が設置されていない、外野フェンス部もラバー部分が少なく安全性に疑問が残る、などの問題点が出てきたことから、野球場を県に移管して全面改築することとなった。 こうして改築され、現球場は1997年に開場。スコアボードは九州・山口9県では福岡ドームに次ぐ全面電光式(公営としては九州・山口地方9県初)。九州でも随一の設備を誇る野球場として生まれ変わった。当球場の愛称である「ビッグNスタジアム」は「長崎県民の夢を大きく育む野球場に育って欲しい」というコンセプトの下で名付けられた。

周辺の地図

長崎県長崎市松山町2

長崎の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。