長野県営上田野球場

「長野県営上田野球場」とは

長野県営上田野球場:

長野県営上田野球場(ながのけんえい・うえだやきゅうじょう)は、長野県上田市の上田古戦場公園内にある野球場。施設は長野県が所有し、上田市が指定管理者として運営管理を行っている。 1996年9月完成。以後、高校野球などアマチュア野球公式戦が行われている。2007年からはベースボール・チャレンジ・リーグの信濃グランセローズの主催試合が年に5試合程度実施されている。 1998年に第80回全国高等学校野球選手権大会の長野県大会でメイン開催球場となって以降、県営上田球場は松本市野球場と共に県内高校野球公式戦のメイン球場として使用されており、松本は中南信地区の、上田は東北信地区のそれぞれメイン球場となっている。 この背景はやや複雑で、本来であれば、2000年に開場した長野市の長野オリンピックスタジアムが北信地区のメイン球場であるべきところだが、オリンピックスタジアムのフィールドは人工芝であり、長野県高野連は「人工芝はプレー上の障害が多い上、県域が広いため県下全校の選手が人工芝を体験できない恐れがあり、不公平が生じる」として(開場した年開催の)第82回全国高等学校野球選手権大会の長野県大会以降メインでの使用を敬遠しており、また長野県営野球場は老朽化が進んでいる上、駐車場が狭隘であるなど問題点が多い。

周辺の地図

長野県上田市

長野の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。