青梅スタジアム

「青梅スタジアム」とは

青梅スタジアム:

青梅スタジアム(おうめスタジアム)は、東京都青梅市にある野球場。野球場の他、テニスコートも設けられている。 管理棟トレーニングルームとして以前使われた建物もあるが、アスベストの使用が確認されたため、立入禁止となっている。 1969年完成。元々は青梅球場という名称だった。 かつてはオーディオメーカーのティアックが所有し、社会人野球の東京ティアックの専用球場として、球団活動停止後は社内のレクリエーション活動に使用されていた。また、ロッテオリオンズの二軍が自前のグラウンドを持たなかった頃には本拠地として使用していた(1988年まで。翌年よりロッテ浦和球場に移転)。それはロッテの選手(一部の若手を中心とした一軍選手も含む)の寮が同社の狭山工場の場所にあり、そこから青梅スタジアムが比較的近いためだったとされた。しかし、その移動は現在なら首都圏中央連絡自動車道が開通しているので移動はさほど問題ないが、当時は一般道の移動であった(それでもおよそ1時間であった)。

周辺の地図

東京都青梅市今井5丁目2348

東京の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。