静岡県草薙総合運動場硬式野球場

「静岡県草薙総合運動場硬式野球場」とは

静岡県草薙総合運動場硬式野球場:

静岡県草薙総合運動場硬式野球場(しずおかけんくさなぎそうごううんどうじょうこうしきやきゅうじょう)は、静岡県静岡市駿河区の静岡県草薙総合運動場内に所在する野球場。 一般には静岡草薙球場、あるいは単に草薙球場などといった通称で呼ばれており、メインスタンド正面のパネルにも「静岡草薙球場」の表記が用いられている。また併せて澤村 - ベーブ・ルース Memorial Stadium(さわむら - ベーブ・ルース メモリアルスタジアム)の愛称が付与されている。 施設は静岡県が所有し、静岡県体育協会グループ(静岡県体育協会とNTTファシリティーズ東海による共同事業体)が指定管理者として運営管理を行っている。 1930年7月15日、静岡電気鉄道(現静岡鉄道)が古庄地区にあった野球場を移設して開設、1939年に静岡電鉄から静岡県に寄付された。戦後になり周辺は静岡県の手で運動公園として整備が進められた。 老朽化のため1971年9月から2年間をかけて全面改築され、1973年7月に現在の内野スタンドが完成。

周辺の地図

静岡県静岡市駿河区栗原19

静岡の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。