高松市立中央球場

「高松市立中央球場」とは

高松市立中央球場:

スタジアム名称 高松市立中央球場
愛称 Takamatsu Central Baseball Stadium
所在地 香川県高松市番町1-11-67
開場 1947年5月1日
閉場 1982年4月17日
所有者 高松市
管理・運用者 高松市
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 なし
建設費
設計者
建設者
使用チーム、大会
収容能力 約10,000人
規模 グラウンド面積:-m²両翼:92 m中堅:113 m
フェンスの高さ
高松市立中央球場(たかまつしりつちゅうおうきゅうじょう)は、かつて香川県高松市にあった野球場。高松市が運営管理を行っていたが、1982年限りで閉鎖、撤去された。
高松市は戦時中に空襲に遭い、中心部は焼け野原と化した。終戦後、市は戦災復興事業として中心部の区画整理を計画した。番町には市が都市公園を建設するための用地が確保されたが、当時市内には娯楽施設が少なく、街を活気付けるため野球場を建設することになった。建設工事の際には労力を勤労奉仕で賄い、また市民からも数多くの建設資材が提供された。香川県立高松商業高等学校、香川県立高松高等学校の野球部員も、スタンド造成の際に高松空襲で焼け出された戦災残土を運ぶなど勤労奉仕を行った。こうして野球場は1947年5月1日に完成。開場以後、高校野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が行われた他、プロ野球公式戦も開催された。1953年には一部改修された。

周辺の地図

香川県高松市番町1丁目

高松の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。

関連する野球場

関連する野球場はありませんでした。

トップへ戻る