鳴海球場

「鳴海球場」とは

鳴海球場:

鳴海球場(なるみきゅうじょう)は、かつて愛知県愛知郡鳴海町(現在の名古屋市緑区)にあった野球場。 名古屋鉄道が運営管理を行っていたが、1958年(昭和33年)限りで閉鎖された。 開場 大正時代末期から昭和時代初期にかけ、日本国内では本格的な野球場が相次いで建設されていた。名古屋市周辺でも1922年(大正11年)、当時の同市中区広路町地内に山本球場(のちのJR東海八事球場)が建設されるなどしたものの、いずれもフィールドは狭隘かつ歪で、競技施設として使用するには不充分なものであった。そんな中、当時の愛知電気鉄道(1935年に名岐鉄道と合併、現・名古屋鉄道)が沿線開発の一環として、当時の鳴海町内で野球場の建設に着手した。「東の神宮、西の甲子園に負けない本格的な球場を」という概念の下で設計され、1927年(昭和2年)10月17日に完成した。約20,000人収容のスタンドと、両翼106m、中堅132mという現在の野球場の国際規格(両翼約100m、中堅約122m)を遥かに上回る広大なフィールドを有していた。

周辺の地図

地図情報はありませんでした。
左の「関連する野球場」が表示されていれば、そちらもご確認ください。

○○の天気

天気情報はありませんでした。

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。

関連する野球場

関連する野球場はありませんでした。

トップへ戻る