鶴岡市小真木原野球場

「鶴岡市小真木原野球場」とは

鶴岡市小真木原野球場:

鶴岡市小真木原野球場(つるおかし・こまぎはらやきゅうじょう)は、山形県鶴岡市小真木原町の小真木原運動公園内にある野球場。愛称は鶴岡ドリームスタジアム。同市が運営管理を行っている。 市内中心部、鶴岡公園そばにあった旧鶴岡市野球場の老朽化に伴い、1997年に郊外の小真木原運動公園内で着工した。当初は国内の多くの野球場のように、フィールドは内野:クレー舗装、外野:天然芝で整備されることになっていたが、新市営球場をアマチュア野球の拠点として活用することを目指していた地元野球関係者の嘆願によって、内外野総天然芝のフィールドが整備されることとなり、1999年6月5日に開場。愛称は公募により「ドリームスタジアム」となった。これに伴い旧市野球場は閉鎖、解体されている。 1999年の開場当時、日本国内に現存するアマチュア公式戦開催規格を充足する野球場では唯一、内外野総天然芝のフィールドを有する野球場であった。その後神戸総合運動公園野球場、宮崎県総合運動公園硬式野球場など、プロ公式戦規格の野球場も後に続いた。

周辺の地図

山形県鶴岡市小真木原町2

山形の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。