JR東海八事球場

「JR東海八事球場」とは

JR東海八事球場:

スタジアム名称 JR東海八事球場
愛称 JR Tokai Yagoto Baseball Ground
所在地 愛知県名古屋市昭和区
開場 1922年
閉場 1990年
所有者 東海旅客鉄道
管理・運用者
グラウンド 内野:外野:
照明 なし
設計者
旧称 山本球場(開場~1947年)国鉄八事球場(1947年~1987年)
使用チーム、大会 JR東海硬式野球部(1947年~閉場、練習場)
収容能力
規模 左翼:- m中堅:- m右翼:- m
フェンスの高さ
JR東海八事球場(ジェイアールとうかい・やごときゅうじょう)は、かつて愛知県名古屋市昭和区にあった野球場。東海旅客鉄道(JR東海)が運営管理を行っていたが、1990年限りで閉鎖、撤去された。
1922年、当時の名古屋市中区 (名古屋市) 中区広路町地内に、名古屋市末広町で運動用具店を営んでいた富豪の山本権十郎が私費を投じて独力で建設した。総面積は約2,800坪、当時の収容人員は約2,000人。左翼側が狭く、右翼側が広いという変則的なフィールドだったものの、名古屋市内では初の本格的な野球場だった。野球場名は山本の姓から山本球場(やまもときゅうじょう)と命名された。また周辺には山本球場の他にも、市内の学校や企業が野球場やグラウンドを設けていた。

周辺の地図

愛知県名古屋市

名古屋の天気

  • 最高:-
  • 最低:-

ウェブ検索

ウェブ検索の結果はありませんでした。

関連する商品

関連する商品はありませんでした。

ブログ検索

ブログ検索の結果はありませんでした。

関連する動画

関連する動画はありませんでした。

サイト検索

野球場の名前だけでなく、「東京都」など地名や「ドーム」など一部名称からも検索できます。